このページではJavaScriptを使用しています。

インプラントは保険適用外なのか?

インプラントでお悩みならインプラント矯正サーチ

料金・費用について 詳細

インプラントは保険適用外なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、審美歯科という言葉をよく聞くようになりましたが、中でもインプラントは失った歯をきれいに元に戻す治療方法として大変注目されているようです。しかし、その治療には保険が適用されないため、かなりの費用が必要になる、という声も多く聞かれますが、実際にはどうなのでしょうか。

条件が合えば保険の適用も可能です

確かに、インプラント治療は高額で、自費診療になるから費用がかかる、というのが多くの人のとらえ方のようですが、実際には、平成24年の4月から、歯科インプラント治療にも健康保険が適用されるようになりました。ただし、すべての歯科医院やクリニックで保険適用の治療ができるということではなく、定められた基準を満たした施設だけに、この健康保険が適用される治療が認められるようになったのです。その条件とは、1.歯科または歯科口腔外科を対象とした保険医療機関であること、2.該当する歯科診療科で5年以上の経験があり、かつ療養で3年以上の経験を持つ常勤の歯科医師が2名以上いること、3.病院であること、4.当直の体制が整備されていること、そして、5.医療機器の保守管理と医薬品の安全確保のための体制が整備されていること、という五つの基準が定められています。
中身をよく見ると、1の条件は多くの歯科医院が該当します。2も口腔外科やインプラント治療に長く携わっている医院はクリアできます。4と5の基準についても、多くの医院が該当するでしょう。しかし、3の条件だけは、別格で極めてクリアすることが難しい基準だといわれています。

そもそも、病院という名称にはどんな意味が?

一般的に、病院やクリニック、診療所、医院など医療機関を表す名称はたくさんありますが、では、病院というのは、どのような医療機関のことを表しているのか、その定義が重要になってきます。公的に、病院というのは、「ベッド数20床以上の入院施設を持つもの」と定義されていて、この条件を満たさない医療機関は、すべて「診療所」と定義されています。つまり、現実的には、大学病院などを除き、歯科の病院はほとんど存在しない、ということになります。したがって、今の時点で歯科インプラント治療を保険で適用してもらえる医療機関は、実質的に極めて少数派、ということになります。では、ようやく見つけた病院で、すべてのインプラント治療が保険適用の対象になるか、というと、実は、限定されています。保険が適用されるのは、「腫瘍、顎骨骨髄炎、外傷などによる広範囲な顎骨欠損または歯槽骨欠損症例」です。インプラント治療の一般的な対象である「歯根破折」や「歯周病」が原因で歯が抜けた場合は、残念ながら、保険の適用は認められません。このように、ようやく保険適用が認められたインプラント治療ですが、全体のほんの一部分だけに限定されているのが現状です。

インプラント治療の更なる普及に重要なことは

仮に、そのような限定的な適用条件を満たし、保険でインプラント治療を受けた場合の費用を計算すると、どうなるのでしょうか?保険が適用される条件として、「広範囲の顎骨欠損」がありますから、その治療範囲も広いことが予想されます。したがって、インプラントの歯を一本だけ取り付ける、ということは想定できません。したがって、広範囲な顎骨支持型補綴診断料、広範囲な顎骨支持型装置埋め込み手術(手術二回)、インプラント義歯の場合、ブリッジ形態のものか床義歯形態のもの、などが考えられます。それぞれの点数と患者が負担する割合にもよりますが、これだけを点数計算すると、患者の負担費用はかなり軽減されるようになります。ただし、他に材料費、入院費や手術費用など諸費用が必要になりますので、インプラント一本だけの比較というのは、難しい、といえます。さらに、保険適用の基準を満たしている大学病院などでも、実際にはなかなか適用されない、というのが現実だといわれています。しかし、限定的とはいえ、国がインプラント治療に保険適用を認めたことで、この治療方法が決して危険なものではなく、十分信頼に足りる歯科治療法の一つであるということを示した、という点で大きな意味があるといえます。

ネットで歯医者さんを予約する

人気医院特集