このページではJavaScriptを使用しています。

インプラント治療に必要な費用について

インプラントでお悩みならインプラント矯正サーチ

料金・費用について 詳細

インプラントの費用は医療費控除されるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インプラント治療には多額の治療費が必要になります。日本には治療費用の負担を軽減する「医療費控除」制度がありますが、インプラントも医療費控除の対象になるのでしょうか?不安がある方のために、インプラントの医療費控除についてまとめてみました。

インプラント治療に必要な費用

インプラント治療は保険が適用されない自由診療となっているため、治療費は患者が全額自己負担することになります。自由診療の場合、歯科医院が独自に治療費を設定することができるため、歯科医院ごとに治療費が大きく異なってきます。そのため、治療内容と費用をよく比較して、歯科医院選びを慎重に行なう必要があります。
インプラント治療の相場は、歯1本でおよそ40万円前後といわれています。そのため、歯科医院を選ぶときは治療費が相場とかけ離れていないかどうかを確認して選ぶといいでしょう。ただし、歯科医院によっては、CT検査や別途治療費が必要になる場合もあるので、治療費の明細をよく確認して、トータルで比較することが大切です。
治療費の設定は地域によって若干の違いがあります。そのため、対象エリアを広げて、出来るだけ複数の歯科医院を候補にあげてみると良いでしょう。まずはホームページで治療内容と費用を確認し、実際にカウンセリングを受けてドクターの対応を見極めたうえで、候補をしぼるようにしましょう。口の中の状態によって治療費も前後してくるため、複数の歯科医院のカウンセリングを受けることをおすすめします。

インプラント治療も医療費控除の対象に

インプラント治療は、歯1本につき一般的に40万円かかるといわれているため、全部の歯を入れ替えるとなると、多額の治療費を負担する必要があります。インプラント治療をこれから受ける方に知っておいてほしいのが、「医療費控除」制度です。医療費控除とは、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金から一定の金額を還付してもらうことができる制度で、インプラント治療も医療費控除の対象となります。インプラント治療には多額の費用が必要になりますが、医療費控除制度を利用することによって、治療費負担を軽減することができます。医療費控除を受けるには、税務署へ確定申告する必要があります。インプラント治療を受けたら、忘れず確定申告をするようにしましょう。これまで医療費控除制度のことを知らなかった人でも、5年前までさかのぼって申告することができます。また、医療費控除は自分自身の医療費だけではなく、家族の分をあわせることもできます。医療費控除を受けるためには歯科医院の領収書が必要になるので、歯科医院でもらった領収書を大切に保管しておくようにしましょう。

戻ってくるお金はいくら

インプラント治療を受けて、医療費控除をするときに気になるのは、実際に還付される金額です。医療費控除によって控除される金額の上限は2000万円です。医療費控除によって税金から還付される金額は、控除を受ける人の所得総額と、1年間にかかった医療費の額によって決められることになります。実際に還付される金額を求めるにはまず、医療費控除額を求める必要があります。医療費控除額は、1年間に支払った医療費から保険金と10万円を差し引いた金額が医療費控除額となります。この医療費控除額に所得税率をかけた金額が、実際に税金から還付される金額となります。還付金は、医療費控除の申告をしてからおよそ一ヶ月くらいで指定の口座へ振り込まれます。医療費控除の特徴として、所得が多い人の方が、還付金の金額も高くなります。また、一人暮らしをしている家族がいて住居が別の場合でも、生計が一緒であれば医療費を合算して申告することができるので、医療費控除制度を活用して治療の負担を少しでも減らすようにしましょう。治療費には、検査や手術などインプラント治療にかかった費用のほかに、通院のための交通費も含まれます。

ネットで歯医者さんを予約する

人気医院特集