このページではJavaScriptを使用しています。

最新のインプラント矯正とは

インプラントでお悩みならインプラント矯正サーチ

治療方法 詳細

最新のインプラント矯正とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インプラント矯正は、歯列矯正用に作られた、小さなネジやプレートを顎に埋め込み、歯を動かす固定源として使用することで、歯を効率的に動かしていく方法のことを言います。1990年代後半より始まった、新しい歯列矯正治療のひとつです。では、最新のインプラント矯正はどうなっているのか説明していきます。

普通の矯正とインプラント矯正の違い

一般的に行われている歯列矯正は、歯にブラケットとワイヤーを装着させ、歯と歯がお互いを引っ張り合っていきます。
前歯と奥歯がお互いに近づくことで、歯並びやかみ合わせを改善していくことができます。
しかし、一般的な歯列矯正の治療は歯をコントロールすることが難しいといわれているので、精密に歯を動かさなければ、治療結果も変わってしまいます。しかし、インプラント矯正の場合ですと、そういったことがありません。一般的な矯正では、装置の力を使うことで、歯と歯が、お互いを引っ張り合って動かしていましたが、インプラント矯正は、ミニスクリューやミニプレートなどの小さな装置を使用することで歯を動かすことができます。インプラントは、杭のような役割を果たすため、想定した位置に歯をきっちりと動かすことができます。インプラント矯正は、予知性の高い治療と呼ばれており、とても精密で、従来の矯正ではできなかった治療結果を出すことができるようになりました。そして、インプラント矯正により、治療期間が短くなることや、一般の矯正では治療が難しいとされる症例まで扱うことができるようになりました。

最新のインプラント技術とは

インプラント矯正が始まった当初は、顎の骨折時に骨を繋ぐために使用されていた、固定用インプラントが矯正にも使用されていました。しかし、現在では、より効率よく、負担を最小限にとどめた治療ができる装置や治療法の研究と開発が進められています。特に、最新の矯正用インプラント、i-stationは、これまでのデメリットをさらに改善することに成功しました。 その特徴として、 i-stationは、あらゆる方向に歯を動かせるので、顎の骨を手術する必要がなくなりました。つまり、外科手術を行わずにできる矯正の可能性が広がりました。また、i-stationは、矯正治療で、2本のインプラントを埋め込むだけで済みますので、体への負担を軽減できます。そして、骨が比較的安定している、口の裏に埋め込むことで、装置が抜けてしまうことを防ぐことができます。i-stationは、裏側矯正と表側矯正どちらでも使用できる構造になっていますし、治療途中で取り替えなければいけないということがありません。従来のものより、さらに進化を遂げて、矯正の可能性を広げることに成功した最新インプラント、i-stationは世界でも認められています。

インプラント矯正の治療の流れ

歯並びが気になると思ったら、まずはインプラント矯正を行っている医院について調べ、カウンセリングを受けてみましょう。一人で悩まずに、まずは相談することが大切です。そして次に、レントゲンや歯型の写真を撮り、医師による総合的な診断が行われます。あなたに合った最適の治療計画を立ててもらいましょう。検査結果をもとに、口の中の状態について説明を受けます。この時点で虫歯や歯周病が見つかった場合は、治療を受けて矯正が始まる前に治しておかなければいけません。インプラント矯正の治療は、局所麻酔を打ちながらインプラントを埋め込んでいきます。そして、施術時間は、大体30分から一時間くらい時間がかかります。この矯正は、従来の矯正と違い、動かした歯が戻ってしまったり、動かす必要がない歯まで動いてしまったということがありません。動かしたい歯だけ動かすという、精密な治療が行えるため、装置をつけている期間を短くすることができます。こういったことから、インプラント矯正は従来の矯正よりも様々なメリットがあるといえます。ですので、医師にしっかりと、どういった治療方法を自分はしていきたいのか相談し、適切なアドバイスを受けることが大切です。

ネットで歯医者さんを予約する

人気医院特集