このページではJavaScriptを使用しています。

インプラント治療の流れについて

インプラントでお悩みならインプラント矯正サーチ

治療方法 詳細

インプラント治療の流れについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インプラントにも、色々な治療方法があります。実際にどのような流れで行われるのか、気になる方も居るでしょう。検討をされている方は、インプラントの治療の流れを知ることによって、ある程度、不安は消えるのではないでしょうか。

カウンセリングからスタート

インプラントの治療を行う前には、まずは、検査と、治療計画を建てる事から始まります。施術を受ける前には、歯の状態がどうなっているのか、骨格の大きさや硬さについて、噛み合わせ等はどうなのかをチェックしなければ、途中でトラブルが起きてしまう可能性が出て来るでしょう。
多くのクリニックでは、まずは、レントゲン、CTスキャンを行って、個人個人の口内環境、骨格のチェックをして、どんな流れで治療をして行くかを考えて行きます。そして具体的な治療方法や治療をする期間はどれぐらいなのか、カウンセリングを行っていく事になるでしょう。
この流れの中で、骨の強さがインプラント治療に対して耐えられない程の弱さの場合ですと、造骨手術等の相談も行われる事になります。この流れを全て患者さんが聞いて、同意をすれば、治療がスタートです。
カウンセリングについては、自分の体の状況などを、担当する医師にきちんと伝える必要があります。事前に、インプラントに関して不安な事、あるいは、自分の体について不安な事があるのでしたら、医師に伝える事をまとめておくと、説明をする時スムーズに行えるでしょう。

カウンセリングが終われば一次手術

一般的に、インプラント治療は一度に全てが行われる訳ではありません。インプラントの手術を行う場合には、基本的に、二回に分けて行われるのが通常です。一次手術の時には、歯茎を切開する事になります。そして、顎の骨を削って、歯の土台となるインプラント、いわゆる、人口歯根が埋め込まれる事になるでしょう。歯茎を切開しなければならないので、痛そうだと感じる方も居るかもしれませんが、麻酔をしますので痛みについて、不安を感じる事は無いでしょう。それでも、痛みについて過剰に弱い方もいます。痛みに対して不安を感じられる方は、カウンセリングの時に担当医に伝えておくと良いでしょう。その対策として、無痛鎮静法等、痛みを緩和する様々な麻酔方法がありますので、担当医が相談に乗ってくれます。手術の時間は、一時間から三時間ぐらいが、通常と考えておくと良いでしょう。手術と聞くと、一日では帰れないと考える方も居るかもしれませんが、基本的には、入院の必要は無く、一次手術が終わった後は、すぐに日常生活に戻る事が出来るのがほとんどですので、そこまで心配をする必要は無いです。

二次手術から人口歯の装着まで

インプラントでは、一次手術が終わると、次は消毒や抜歯等が行われる事になります。そのプロセスの後、時間を開けなければなりません。なぜかと言うと、インプラントが骨ときちんと結合して定着をするまで、三ヶ月から六ヶ月ぐらいの期間を空ける必要があります。時間を空けた後、きちんと定着している、結合をしている事が分かったら、次は二次手術に移行するのです。二次手術では埋め込んだインプラントの頭部分を出して、連結部分の装着が行われます。この装着する連結部分は、アバットメントという名前です。つぎに歯茎が治ったかどうかチェックをして、治っていたならば歯の型取りになります。歯の形、あるいは色や歯並びをチェックをして、インプラントの上にかぶせるための人口歯が作られます。二次手術から、大体、一週間から六週間ぐらいを考えておけば良いでしょう。期間が過ぎれば、人工歯をインプラントにかぶせて、治療は終了となります。個人や病院の方針によっても変わる可能性はありますが、トータルで三ヶ月から十ヶ月ぐらいを一般的な治療期間と考えておけば良いでしょう。

ネットで歯医者さんを予約する

人気医院特集